尚子の新着情報

2022/07/29
土用干ししています
今年の梅漬け 止めようと思ってたけど、2022年 やっぱり梅漬けの土用干ししてます🤣
なぜ?
①自宅の梅が実った(枝払ってしまい実がなっていなかったの)
②海の精(塩)使った梅酢が欲しい
③夫はお弁当にゆかりを喜ぶ
だから今年も漬けました。


梅の品質が今ひとつで梅干しは御免なさい状態
梅酢と梅しそはいいの出来たと思う


土用干し あと2日
天気予報は3日間晴れだったのに
九州の沖合で台風発生のようで曇り空
どうぞ後2日 降りませんように


インスタで聞いてみた
今年梅干し漬けた貴方は 
梅干し 梅酢 梅しそ どれが目的?
結果が楽しみです💕

54-1.jpg

2022/05/20
下鴨神社
今日は、京都で受診の帰り下鴨神社に参拝
糺の森の新緑がきれい 森や神社に涼やかな空気が漂っていました。


君が代に出てくる「さざれ石」
神宿る岩のよう、永遠の生命力や不思議な力があるようです。
御守神は加茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)で人の暮らしを守る神様だそうです。
八咫烏に化身し、神武天皇さまを熊野から吉野まで導かれたそうです
壮大な空間、きれいなコントラストの中、本宮を守る獅子が頼もしくも、可愛くもありました。


清々しい森の中で、参拝させて頂くと
なんだか日常お守り頂いているようで
日本に生まれて良かったなと感じます。
日々の暮らしを大切に、丁寧な日常を過ごそう
癒された時間に、そんな思いが生まれました。
感謝合掌

53-1.jpg53-2.jpg

2022/05/21
お料理は人を癒す 
近江八幡市にある日本料理のお店「魚石」さんに行きました。

お料理写真は掲載スペースがないので残念ですが
まずはお部屋のお花がすがすがしく
琵琶湖や滋賀県固有の食材を豊富な料理方法で展開
季節の葉っぱ添え、野菜の細工物で飾りつけ


器は季節にあわせ
滋賀に伝わ碗であったり
土鍋もしかりで生姜御飯とこれのお焦も最高でした。


雑味のないお味
お料理、器、迎えて下さったお店の方、
こころ癒される物、時、所でした。
お料理が人を感動させ、癒す❣
しみじみ感じた時間を有難うございました

52-1.jpg52-2.jpg52-3.jpg

2022/05/22
幸せな日常 ☆
今日のお弁当作り最高時間に、幸せが降ってきました ☆理由は新鮮なお浸し💛


家庭菜園 有機栽培に頑張っているところです。
朝どりでまだ幼めの小松菜と春菊を収穫
葉っぱの緑がきれいで新鮮さも半端じゃない
重曹とクエン酸液で泥や汚れを落し、浄水器の水で洗浄
直ぐ湯がきました。


柔らかくって、甘味があり、美味しさは最高💛💛💛
体が浄化されるような感覚💛


特別高価でなくても、このタイミングでしか得られない最高の贅沢
お弁当に入れ、食べてくれる人がいる事にも感謝
自然の恵み、人間、宇宙すべてに感謝です。

51-1.jpg51-2.jpg

2022/05/18
今朝の発見 👀
数日、雨と曇り空が続き。今日はいいお天気そう。散歩道の草も伸び放題。
公共施設の公園を通りながら、「コロナ機関、人出も少なかったので手入れされないんだ」と受け止めていた。


人の声がするから振り向くと
サッカーコートで早朝の練習中💛  ここを通るようになってから初めて見る風景
現在 AM6:00  頑張る姿に感激


写真撮るのに足元見ると、草刈器がかかってる
自然を生かした広い施設 他の場所もこれから手入れされるんでしょう
有難うございます。感謝しています(^.^)


爽やかな一日の始まり。
自然にも、物にも恵まれる今。
愛を持って、心豊かに過ごしたいと思います。

50-1.jpg50-2.jpg

2022/05/17
虫との知恵比べ ( `ー´)ノ
立夏が過ぎたけのこの収穫も過ぎ畑は夏の植付けも一巡修了。
今、嬉しい「🍓いちご」の収穫です  (^^♪


しかし、自然は甘くない。争奪戦
出場選手・・・カラス、ひよ、ダンゴムシ、ナメクジ、あり、私
私は夜は寝るし、四六時中待機というわけにはいかず😢
美味しい🍓の争奪戦に敗北を繰り返すわけです。


人間には知恵がある (^_-)-☆
1戦目:ビニール袋作戦(苺をビニール袋で包む)
    土に生息する虫には効果有。しかし、空中からの観察には負ける。
    白い🍓も合わせて袋毎奪われました😢
2戦目:ビニール袋+ネット作戦
    比較的残る率は高いが、覆いきれない🍓にはそれなりの手が伸びる


まっ、人間以外の生き物にもおすそ分けもしながら
少しながら大きな🍓を少し収穫出来ました。


🍓のまま食べたけれど、長く楽しめる様に「豆腐アイス」「甘酒アイス」に加工
暫く収穫の喜びが続きます。

49-1.jpg49-2.jpg

2022/05/12
丁寧に生きる  への閃き ☆
未来食の創始者:大谷ゆみこさんが「丁寧に日々の暮らしを生きる」とお話されていた今年は、日々の暮らしを丁寧に生きてみようと過ごしていた。
今までの自分を振り返る
手早くお料理するのに重点を置き、食材に意識がうすかったと感じる
お鍋の食材の変化を見ながら進めると、キラキラ輝きだす瞬間が見えてきた
美味しく仕上がるのです。


YouTubeから「こころを通わせる」ってフレーズが流れてきた
一人歩きしていたかもしれない丁寧な暮らしへの理解
「食材や食べる人に心をかよわ」れば現実のものとして実践できそうな気がした。


丁寧な暮らしとは
物・こと・人  対象に視点を当て 感じ こころよわせる 
こんな事柄の実行かなと感じた一瞬


探求してみようと感じた今です。

- Naoko Board -